大阪市阿倍野区・大阪市天王寺の相続の相続問題に強い弁護士による 相続・遺産分割の無料相談

  • HOME
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • アクセス

06-6556-6613 受付時間 9:00~20:00(土曜対応)相談時間 9:00~18:00(夜間・土日応相談)

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 解決実績
  • 弁護士費用
  • 相談の流れ
  • お問合せ
  • 遺産分割
  • 遺留分
  • 特別受益
  • 寄与分
  • 相続税対策
  • 遺 言
  • 相続放棄
  • HOME
  • 解決事例
  • 被相続人と疎遠であった実の母親と異母兄弟に相続放棄を認めさせた事例

被相続人と疎遠であった実の母親と異母兄弟に相続放棄を認めさせた事例

事案

本件は、交通事故により若くして死亡された方の
お姉さまから、当初、交通事故にかかる
損害賠償請求事件として依頼を受けた事案です。
1602240138.jpg
 
依頼を受けた当初は、依頼者らは幼い頃に両親を亡くしており、他に身寄りが無かったため、施設で育ったと聞いていたことから、依頼者が弟の死亡事故に伴う損害賠償請求権を相続するという前提で事件処理を進めておりました。

ところが、戸籍謄本を取り寄せると、依頼者らの父親は早くに亡くなっていましたが、幼い頃に生き別れたまま関係が途絶えていた実の母親がご存命であることが判明しました。さらに、依頼者らの父親には前妻との間に子どもがいることも判明しました。

依頼者が生前にいくら親代わりとして弟の世話をし、反対に、母親とは幼い頃から今に至るまでの数十年間、関係が断絶していようとも、民法上は、弟の死亡に伴う損害賠償請求権はその母親がすべて相続し、依頼者に相続権は一切発生しないことになってしまいます。

また、仮に母親が相続放棄したとしても、父親と前妻との間に子どもがいれば、依頼者らとは異母兄弟の関係に立ち、依頼者と異母兄弟が2分の1ずつの相続分となってしまいます。

解決方針

実の母親や異母兄弟の現在の所在地を戸籍謄本や住民票を取り寄せて調べた上で、そこに、依頼者の代理人として、上記の経緯や事情を詳細に記載した手紙を発送するとともに、後日、お電話にて、依頼者の弟の相続に関して相続放棄をしてもらいたい旨、誠意をもって依頼しました。

その結果、実の母親、異母兄弟いずれからも了解をいただき、委任状をいただいたうえで、家庭裁判所に相続放棄の申述手続を採りました。こうすることによって、弟の交通事故による死亡に伴う損害賠償請求権を、依頼者に相続させることに無事成功しました。
No 解決事例の内容 分野
1 すべての遺産を長男に相続させる旨の遺言があった事例 遺言
2 遺留分減殺請求訴訟を提起された事例 遺留分減殺請求
3 被相続人と疎遠であった実の母親と異母兄弟に相続放棄を認めさせた事例 相続放棄
4 名義預金の帰属が争われた事例 遺産分割
5 未払賃料の支払請求権を相続により取得した事例 相続財産
6 生命保険金の受取りに際して、相続放棄を活用した事例 相続放棄
7 遺言書と異なる内容で遺産分割協議をした事例 遺産分割・遺言
8 遺留分侵害を理由に遺産分割調停を申し立てられた事例 遺留分減殺請求
9 生命保険金の受取人に指定された相続人が相続放棄をした場合の相続税申告の事例 相続税申告
10 一部分割により,小規模宅地の特例適用を可能とし,相続税の納税資金等の確保に成功した相続税申告の事例 相続税申告

親切丁寧に対応させて頂きます。ぜひお気軽にご相談下さい。

相続・遺産分割に強い弁護士にご相談ください。06-6556-6613

ご相談の流れはこちら

●HPへ訪問した方へ ●ご相談の流れ ●弁護士紹介
●弁護士費用 ●事務所紹介 ●アクセスマップ