大阪市阿倍野区・大阪市天王寺の相続の相続問題に強い弁護士による 相続・遺産分割の無料相談

  • HOME
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • アクセス

06-6556-6613 受付時間 9:00~20:00(土曜対応)相談時間 9:00~18:00(夜間・土日応相談)

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 解決実績
  • 弁護士費用
  • 相談の流れ
  • お問合せ
  • 遺産分割
  • 遺留分
  • 特別受益
  • 寄与分
  • 相続税対策
  • 遺 言
  • 相続放棄
  • HOME
  • 解決事例
  • 遺留分に配慮した遺言書に作成し直した事例

遺留分に配慮した遺言書に作成し直した事例

相談内容

チェックリスト.jpg  
相談者(X)は70代の男性です。
Xには離婚した前の妻との間に子どもが3人(長男A、二男B、長女C)います。
XはBと同居しており、BがXの日常の世話をしています。
他方、XとA、Cとはこの10年間、絶縁状態が続いています。

Xの財産としては、自宅マンション(評価額500万円)と預貯金が850万円ほどあるとの話でした。
Xは以前、司法書士に依頼して公正証書遺言を作成していましたが、Bにすべての遺産を相続させるという単純な内容であったため、この遺言書では、いざ相続が発生した場合に、AやCからBに対して遺留分侵害の主張がなされ、Bが困るのではないかと心配にあり、当事務所に相談に来られました。
 

当事務所の対応方針

当事務所では、まず、遺産の内容と評価額を正確に知る必要があるため、自宅マンションに関する資料を取り寄せました。

すると、自宅マンションの評価額としていた500万円というのは、固定資産税評価額であることが分かりました。
  困る老夫婦.jpg

実務上、遺産分割協議や遺留分の算定の際、不動産の評価は固定資産税評価ではなく、実勢価格での評価となります。そのため、信頼できる不動産業者に査定を依頼したところ、自宅マンションの実勢価格は約1000万円との査定結果であり、評価額が跳ね上がりました。
 
そして、XからA,B,Cに対して、これまで財産を贈与したことがないかヒアリングしたところ、Aと絶縁状態になる前、Aから懇願されて600万円を貸付けたことがあり、今に至るまで返済してもらっていないことが判明しました。

X自身、今後Aがこの貸付金を返済してくれるとは思っていないとのことで、これは600万円の債務免除益として、Aの特別受益に該当します。Xが以前に作成した遺言書には、このAの特別受益は全く考慮されていませんでした。
 
以上を前提に、現在の財産状況のまま相続が発生したと仮定した場合の遺留分シミュレーションを行いました。Xがすべての遺産をBに相続させるとの遺言書を作成した場合、600万円の特別受益のあるAの遺留分侵害額はゼロとなりました。したがって、Aに遺産を一切相続させない遺言書であっても、Aの遺留分侵害の問題は生じないことが明らかとなりました。

1602240093.jpg   他方、Cの遺留分侵害額は約400万円との結果となりました。Cに対する遺留分対策として、Cにも預貯金のうちから400万円を相続させるとの内容にすることも提案しましたが、Xが納得されなかったことから、遺留分減殺請求に関する「別段の意思表示」(民法1034条但書)として、Xの遺産のうち、預貯金から先に減殺請求の対象とする旨、定めました。
 
すでに司法書士を交えて公正証書遺言を作成していたX氏でしたが、上記のように遺留分に最大限配慮した内容での遺言書に作成し直すことになりました。
 

担当弁護士からワンポイントアドバイス

1602240047.jpg   ご本人が作成した遺言書や、弁護士以外の専門家が作成した遺言書の中には、
「すべての遺産を〇〇に相続させる」
といった内容のものが散見されます。

ご本人の意向に配慮した結果と思われますが、このような遺言書では他の相続人の遺留分侵害の問題が生じ、遺言書があるがために、相続発生後、紛争に発展するケースが後を絶ちません。
 
まずは、いまどのような財産をお持ちで、その評価額はいくらとすべきか、特定の相続人にだけ生前贈与したことはないかを確認したうえで、いま考えている遺言書の内容ではどの相続人にいくらの遺留分侵害が生じるのか、しっかりとシミュレーションしたうえで遺言書を作成することが極めて重要と言えるでしょう。
 
 
 

大阪の相続・遺言・相続税に強い 入江置田法律事務所の解決事例

※2020年5月28日更新
No 解決事例の内容 分野
1 すべての遺産を長男に相続させる旨の遺言があった事例 遺産分割
2 遺留分減殺請求訴訟を提起された事例 遺留分
特別受益
3 被相続人と疎遠であった実の母親と異母兄弟に相続放棄を認めさせた事例 相続放棄
4 名義預金の帰属が争われた事例 その他
相続紛争
5 未払賃料の支払請求権を相続により取得した事例 その他
相続紛争
6 生命保険金の受取りが特別受益に該当するか否かが争いになった事例 特別受益
7 遺言書と異なる内容で遺産分割協議をした事例 遺産分割
8 遺留分侵害を理由に遺産分割調停を申し立てられた事例 遺留分
特別受益
9 生命保険金の受取人に指定された相続人が相続放棄をした場合の相続税申告の事例 相続税申告
10 一部分割により,小規模宅地の特例適用を可能とし,相続税の納税資金等の確保に成功した相続税申告の事例 相続税申告
11 被相続人が死亡後、相続登記が未了のまま、2次相続、3次相続が発生したため、相続人10人の共有状態となっていた不動産につき、遺産分割協議により、その解消に成功した事例 遺産分割
12 交通事故の被害により事理弁識能力を失った方の成年後見人として、遺産分割協議を行った事例 遺産分割
13 相続開始を知ってから3ヶ月経過後に相続債務があることを知った場合であっても、相続放棄が認められた事例 相続放棄
14 遺産分割
15 遺留分に配慮した遺言書に作成し直した事例 遺言作成
16 不動産の売却、生命保険の活用、遺言書作成を組み合わせた生前対策により、相続税の大幅な節税に成功した事例 遺言
生前対策
17 海外在住の相続人が一時帰国中の1ヶ月間で相続人間の話し合いをまとめ、遺産分割協議を早期に完了させるとともに、相続税の大幅な節税にも成功した事例 遺産分割協議相続税申告
18  遺産のうち、金融資産について早期に遺産分割協議を完了させ、評価額に争いのある自宅不動産について遺産分割調停手続を活用した事例 遺産分割
19  遺産分割協議成立後に遺言書の存在が明らかとなり、遺産分割協議の錯誤無効を争った事例 その他
相続紛争
20  推定相続人である長男を廃除する旨の遺言があった事例 遺留分
その他
相続紛争
21  預金の使い込みの疑いをかけられ、損害賠償請求訴訟を提起された事例 預金の
使い込み

当事務所によくお問い合わせいただく相談内容

遺言作成バナー.png 遺産分割バナー.png 遺留分バナー.png

親切丁寧に対応させて頂きます。ぜひお気軽にご相談下さい。

相続・遺産分割に強い弁護士にご相談ください。06-6556-6613

ご相談の流れはこちら

この記事の執筆者

置田個人写真.JPGのサムネール画像
弁護士・税理士・家族信託専門士 

置田浩之(おきた ひろゆき)

専門分野

相続、相続税、家族信託、企業法務

経歴

東京大学大学院法学政治研究科卒業後、東京都内の大手銀行に勤務。その後、大阪大学法科大学院に入学。司法試験合格後、平成22年1月に弁護士登録、大阪府内の法律事務所勤務を開始。平成27年12月、大阪・阿倍野に弁護士の入江貴之とともに事務所を開設。また、平成24年に税理士登録、相続財産問題や相続税対策などにも幅広く対応している。 相続問題の相談実績は年100件を超える。豊富な法律相談経験により、依頼者への親身な対応が非常に評判となっている。

●HPへ訪問した方へ ●ご相談の流れ ●弁護士紹介
●弁護士費用 ●事務所紹介 ●アクセスマップ